私がSOHOワーカーになろうと思ったのは、SOHOなんて言葉はまだまだ一般には馴染みもなかった1997年の春。
当時の私は、某電気通信事業者のN社に入社して丸5年の会社員。SOHOのカナメであるインターネットに興味を持つようになったきっかけは、95年に日本でもインターネットブームに火が付いたこと。当時“マルチメディアビジネスの新規立ち上げ”という、平たく言えばネットワークを使った新しいビジネスを企画する部署にいた私は、インターネットの可能性にいち早く注目できたというわけです。もっとも、家庭用のリーズナブル価格のTA(ISDNの爆発的普及のきっかけとなった商品でした)開発プロジェクトに携わっていたために、否が応でもネット中心の生活になったんですけど。そのためか、自然と自宅も独身のワーキング・ウーマンの部屋というよりは、「ネットおたく」の部屋のようになっていったのでした。(T_T)

それでも、女性でこういう仕事をしている人がまだまだ少なかったからか、96年には、ソフトバンク社のコンピュータ雑誌「DOSVmagazine」に連載させてもらったり、特集記事を書かせてもらったり、はたまた会社にナイショで素材集出版に携わったりという恩恵にも預かりました。
そんなある時、自宅で会社のメールをチェックしていてふと思ったんです。
「自宅でも仕事できるのに、いちいち会社行くの面倒くさいなぁ」と。
会社に行ったって、朝から晩までずーっとPCの前に座って仕事しているわけだし、打ち合わせだってML(メーリングリスト)があれば大抵は足りちゃうし。
しかも、当時の仕事はめちゃくちゃ忙しく、朝早くて帰りは深夜。日本各地の顧客先への出張もあるし、平日は自分の時間なんて一日30分しかない毎日でした。洗濯も掃除もご近所の手前夜中にやるわけにもいかないし〜、というわけで土日まで家事に追われる始末。はっきり言って、自宅は寝るだけの場所でした。
その年の暮れには結婚も決まっていたので、こういう状態で果たしてまともな家庭生活が送れるのか心配したもんです。
で、

「SOHOなら家事と仕事と両立できるに違いない!」

なーんて考えちゃったんですよね...。今思えば、あまりにも短絡的で甘い考えだったんですが、その時は忙しさ?のあまり脳細胞が活動を停止していたとしか思えません。(-_-;
また、フィアンセが「家事は絶対やりたくない人間」だったのが幸い(災い!?)し(「家事しなくていいなら、仕事辞めて専業主婦でもSOHOでも何でも構わない」と言われていた...)、会社を辞めることに反対する人もいなかったのも大きな要因だったのかもしれません。

そして遂に...。
1998年3月末日。丸6年勤めた会社を辞め、念願のSOHOワーカーとしての新たな一歩を踏み出したのでした。

《つづく》


SOHOワーカーになろう!と思ったら、まずは今の仕事を退職しなくちゃなりません。ってことで、第1回目の豆知識は「退職のプラン」「退職願(届)の書き方」です。退職は自分だけのことと思うかもしれませんが、そう簡単に決められる(辞められる?)ってモンではありません。退職するにもマナーがあるのです。後任者に迷惑をかけないようスマートに退職しましょう(笑)。

■退職のプラン
  1. 退職の意思を会社に伝える
    通常は1〜3ヵ月前に上司へ口頭で伝えます。しかし、会社や部署によって慣例が異なる場合がありますので退職の意思が固まったら信頼できる上司に相談すると良いでしょう。
    ※私の場合は抱えている仕事などの都合で半年以上前に上司に伝えました。
  2. 退職日の設定
    自分の都合だけでなく会社の都合も考慮して設定します。後任者への引継ぎもありますので、上司と相談して設定しましょう。
  3. 退職願の提出
    直属の上司へ1ヵ月前までに提出します。
  4. 引き継ぎをする
    後任者が着任したら、後に混乱しないように引継ぎをします。
  5. 退職
    余った有給休暇があれば、可能な範囲で取得してから退職しましょう。有給休暇は会社員の権利です。
    ※私の場合、後任が来るのが遅かったため(だから早く知らせたのに!)有給は殆ど消化できませんでした。あー、もったいない。



■退職願(届)の書き方

  • 用紙・筆記具
    便箋の無地(白紙)を使用します。黒インクの万年筆もしくはボールペン(黒に近いブルーも可)ペンで記入しましょう。
  • 書式
    手書きで縦書きにします。書き出しは行の一番下から「私事」「私儀」「私は」などから始めます。
  • 退職理由
    「一身上の都合により」が一般的。詳しい理由は口頭で伝えるだけで大丈夫ですので、通常退職願には書きません。
  • 退職日
    就業規則に従って、上司と相談し決めた日を書きます。
  • 届出年月日
    書いた日ではなく、提出する日付を書きます。上司に確認を。
  • 署名・捺印
    所属部署を明記、署名をして捺印します。
  • 宛名
    宛名は直属の上司ではなく,会社の最高責任者である社長名を。敬称は「殿」を用います。

※尚、会社によっては「退職願(届)」のフォーマットが決まっている場合があります。退職が決まったら、総務担当で書式の有無を確認するとよいでしょう。私の場合はオンラインで社内文書が取り寄せられるシステムだったので、退職届フォーマットに記入し、プリントアウトしてハンコ押すだけの簡単手続きでしたー。

トップページへSOHO's Lifeへ戻る